Ad
ブログトップ どういったブログなの? ツイッター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
43

きっかけは1本500円のお醤油 生協の宅配生活30年

生協生活30年

今日は生協の配達がある日。


気づけば、一週間に一回の配達の生協にもう30年もお世話になっている。


まさかこんなに長くお世話になるだなんて思ってもみなかった。


その生協に入ろうと思ったきっかけは、一本のしょう油だった。


30年前、家の近くで生協の品物の展示会がやっていた。
特に警戒することもなく、軽い気持ちで覗いてみたのが始まりだった。


たまたま手にとったしょう油は一年かけて熟成したというもので、お値段なんと500円もするものだった。


しょう油なんて200円くらいで売っているものなのに、なぜ500円で売らなければいけないのか。


説明を聞いてみると、無添加であり作っている工程から明らかにしている適正価格のお醤油だという。


そのしょう油を入り口にその生協について調べてみると、その生協で配達されるものは無添加が多かった。


それからというもの、その生協に食品を頼む事にした。


あれから30年、ちょっと高めの値段が家計に響いてお父さんと揉めたりもしたけれど、何とか続けてくる事ができた。
お父さんに感謝しなきゃね。


体に良い物を使って料理しているという自負はあるけれど、ちっとも料理は上手くなった気がしない。


それだけは、お父さんに申し訳がない。


検索フォーム
人気記事
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。